横浜中華街のオカユヤ謝甜記本店と貮号店の違いとおすすめメニュー紹介

今日も、横浜中華街のお粥専門店「謝甜記」に行ってきました。

私は基本お粥が苦手で、風邪を引いても食べることはありません。

けれど、謝甜記のお粥だけは別で、昨年食べてからクセになり、時々通っています。

謝甜記には昔風の本店と小ぎれいな貮号店(2号店)の2店舗があり、味も若干ですが違います。

スポンサーリンク

目次

  1. 横浜中華街のオカユヤ「謝甜記」本店
  2. 横浜中華街の「謝甜記」貮号店(メニューや営業時間)
  3. 横浜中華街の「謝甜記」本店と貮号店の場所と地図

横浜中華街のオカユヤ「謝甜記」本店

横浜中華街・謝甜記

関内方面から、「謝甜記」本店を目指します。

横浜中華街・謝甜記

善隣門から中華街大通りに入場。

横浜中華街・謝甜記

チャイナスクエアや横浜博覧館を通過。

横浜中華街・謝甜記

中華街大通りをまーっすぐ歩き続けます。

横浜中華街・謝甜記

「オカユヤ」謝甜記の看板、目標物が見えてきました!

横浜中華街・謝甜記

こちらが「謝甜記」本店です。

中は狭くて古いお店ですが、実際に中国で食事をしているようなトリップ感があって私はその雰囲気が好きです。

横浜中華街・謝甜記

ちなみに、隣は「倭物やカヤ」という雑貨屋さんになります。

横浜中華街・謝甜記

ショック!本店は準備中でした。

時計を見たら3時半。。。4時半の開店までは待てません。

横浜中華街・謝甜記

ちなみに、青菜粥(やさいかゆ)710円が一番好きなメニューです。

横浜中華街・謝甜記

謝甜記の本店は火曜日がお休みだったり、開いてない時間があるので注意しましょう。

■ 基本情報
  • 名称: 謝甜記(しゃてんき)本店
  • 住所: 横浜市中区山下町165番地
  • 営業時間: 10:00 – 21:00
    (※平日14:55 – 16:30 準備中、土日祝日は9:00 開店 )
  • 定休日: 火曜日
  • 電話番号: 045-641-0779

目次へ戻る

横浜中華街の「謝甜記」貮号店(メニューや営業時間)

横浜中華街・謝甜記

本店はダメでしたが、謝甜記貮号店は開いているかもしれないので、めげずに進みます。

本店の入口を背に道路を直進すると、すぐ貮号店があります。

横浜中華街・謝甜記

こちらは謝甜記の工場直売所、斜め向かいに貮号店があります。

横浜中華街・謝甜記

こちらが「謝甜記」貮号店、本店では控えめだったサンタ度合いが前開です。

理由については、はまれぽ.comの記事に詳細がありました。

中華街のお粥専門店「謝甜記」のトレードマークがサンタクロースなのはなぜ?

横浜中華街・謝甜記

お粥のお店ですが、ラーメンや炒飯もありますので安心?です。

横浜中華街・謝甜記

貮号店に無事入店することができました。

女性が入りやすいキレイな店構えですね。

横浜中華街・謝甜記

メニューにもサンタ。

メニューの種類はお粥以外も豊富で、下記で紹介しているものは一部です。

横浜中華街・謝甜記

ほとんどのお粥が1000円以内で、普通サイズと中碗サイズがあります。

私はいつも普通サイズを注文します。

ラーメンどんぶりに並々とお粥が入っているので、食べきれるか心配になりますが、意外と食べれてしまい、胃もたれも起こらないのが良い点です。

けど、体調によっては全部は無理ということもあるので、心配な人は中碗サイズからデビューしてもよいですね。

横浜中華街・謝甜記

朝食やランチ時はお粥だけでサクッと済ませるのが良いですが、ディナー時はパンチの利いたメニューを組み合わせるのがおすすめです。

いつも注文するのは、レバーと野菜の炒め(にんにくも入っています)で、お粥との相性が良いです。

若い男性だとお粥だけでお腹が膨れるのが物足りない人がいるみたいなので、そういう場合はサイドメニューを工夫すると良いですね。

横浜中華街・謝甜記

今回は「かいばしらかゆ」に卵トッピングしました。

ちなみに、「たまごかゆ」というメニューもあり、こちらは卵が2個入っていて濃厚で美味しいのですが、最後飽きが来やすいです。

横浜中華街・謝甜記

点心もあります。

試してみたことないのですが、謝甜記では唐揚げと餃子が人気メニューのようです。

横浜中華街・謝甜記

謝甜記の持ち帰りメニューもあります。

横浜中華街・謝甜記

レバーと野菜の炒めです。

こちらも普通サイズと中皿がありますが、シェアするので大きい方を注文しました。

横浜中華街・謝甜記

待ちに待ったお粥です。

具材は中に入っていて最初見えないところが特徴です。

パクチーと油条がトッピングされています。

この油条、子供のころ東北で食べていた油麩とそっくりで大好きです。

横浜中華街・謝甜記

お粥に元々味は付いていますが、付け合わせのしょうゆネギで味にアクセントを加えます。

横浜中華街・謝甜記

私はしょうゆネギは早期に投入してしまいます。

かき混ぜると油条がだんだんお粥となじんできて美味です。

さて、謝甜記本店と貮号店の味の差ですが、貮号店の方が食感がクリーミーでマイルド感がありますので、本店のほうが食べやすいように私は感じます(好みで違うと思います)。

横浜中華街・謝甜記

「謝甜記」貮号店のサンタクロース、ポケモンGOのポケストップになっています。

横浜中華街は元々ポケストップが多く、たくさんポケモンがゲットできます。

横浜中華街・謝甜記

オニスズメを喰らう。。。

横浜中華街・謝甜記

謝甜記 貮号店のほうは、ホームページがあります。

■ 基本情報
  • 名称: 謝甜記 貮号店
  • 住所:横浜市中区山下町189-9 上海路 辰ビル1F
  • 営業時間: 8:30~20:30、(金・土曜~21:30)
  • 定休日: なし
  • 電話番号: 045-664-4305
  • URL: http://www.shatenki-nigouten.co.jp/shop/

目次へ戻る

横浜中華街の「謝甜記」本店と貮号店の場所と地図

横浜中華街・謝甜記

「謝甜記」本店の地図です。

横浜中華街・謝甜記

「謝甜記」貮号店の地図です。

2店舗とも近くにあるので、混雑状況を見ながら空いているお店に入ったりできます。

横浜中華街・謝甜記

お腹もいっぱいになって、元来た道を引き返して「横浜博覧館」に来ました。

なでて運を引き寄せる「パンダ伝説」あり(なでるパンダは2体)。

正面に、ぐーんと反り返った「とんだぱんだ」。

横浜中華街・謝甜記

裏口側に「さかだちぱんだ」。

横浜には本物のパンダはいないのだが、中華街にはパンダがあふれています。

目次へ戻る

スポンサードリンク

スポンサードリンク