ホテル日航那覇から定期観光バスで行く~首里城と平和祈念公園

6月の沖縄旅行5日目、世界遺産の首里城に行きます。

宿泊中の「ホテル日航那覇グランドキャッスル」は首里城まで徒歩15分で、定期観光バスが便利なホテルです。

スカイビュールーム

宿泊したのはスカイビュールーム(フロントにて、リニューアルしたお部屋で眺め良いですよとオススメされた)、首里城の赤をイメージしているとのこと。

ホテル日航那覇グランドキャッスルのプール

お部屋からの風景。

ホテル日航那覇グランドキャッスルには、3つのプールがあるようです。

那覇バス

今回利用するのは、那覇バスの定期観光バス「首里城・戦跡・おきなわワールド」コースで、ホテル日航那覇グランドキャッスルを経由します。

バスの入口に座席表があって、確認すると半分くらい中国・韓国の方も乗っていました。

首里城公園入口

首里城公園入口です。

守礼門

2千円札でも有名な守礼門の前。

漢字は左から(しゅれいのくに)と読めます。
「琉球は礼節を重んずる国である」という意味です。

お約束なのか、ツアー客全員で集合写真が撮影される(笑)

コレはいらんなーと思うも、意外と買ってるお客さんもいました。

園比屋武御嶽石門

世界遺産「園比屋武御嶽石門」(そのひゃんうたきいしもん)。

御嶽(うたき)とは聖域の意味で、この石門は琉球国王が外出の際、安全祈願を行った礼拝所だそうです。

首里城公園眺め

漏刻門を抜けると、高台からの眺望が楽しめます。

チケットを買って、有料ゾーン(入館料金)に入ります。

首里城正殿

首里城正殿前。

首里城は沖縄戦で全焼したため、現在見ているのは1992年に復元されたものです。

首里城内部

南殿から首里城内部を見学できます。

オススメは首里城スタッフが解説しながら案内してくれる、首里城無料ガイドです。

私は「10:30」開始のに参加しましたが、バスの出発時間があるので、残念ながら途中退場になりました。

それでも、解説してもらったところは印象に残って勉強になります。

旧海軍司令部壕

首里城を後にし、ツアーは戦跡巡りとなります。

旧海軍司令部壕のビジターセンター前、黙祷後見学します。

ひめゆり平和祈念資料館

続いて、ひめゆりの塔にて黙祷します。

併設のひめゆり平和祈念資料館は昼食後、見たい人は各自見学という流れでした。

レストランひめゆり会館

コース代に含まれている昼食。

レストランひめゆり会館で昼食が準備されています。

平和祈念公園

昼食後、向かうのは平和祈念公園です。

沖縄平和祈念堂と沖縄平和祈念資料館

左に見える白い建物は「沖縄平和祈念堂」、赤い屋根のところは「沖縄平和祈念資料館」です。

このツアーでは、入場しませんでした。

平和の火と平和の礎

手前が「平和の火」と呼ばれるモニュメント、奥が沖縄戦で亡くなった全ての人の氏名が刻印された「平和の礎」(へいわのいしじ)です。

海を臨む平和記念公園を散策し、多少なりとも重かった気持ちの切り替えができました。

戦跡めぐりは以上ですが、こちらのツアーに参加した中韓の方は一体どんな感情だったのかしら?

首里城やおきなわワールドにバスツアーで行こうと思ったら、戦跡がついてくるので仕方なくこなしていたんでしょうか?

ガイドは日本語だったし、皆さんおとなしかったので少し気になりました。

(次へ続く)

スポンサードリンク

スポンサードリンク